FEATURE(開発ストーリー)RGBlueの特徴

2種類の超高演色光源 スーパーナチュラルカラーとプレミアムカラー

“より自然に” スーパーナチュラル カラー
5000K 超高演色 Ra95

「スーパーナチュラルカラー」は、現行のスタンダードカラー(昼白色、色温度5000ケルビン、演色性Ra80)に対して、これまで困難だった昼白色の光色帯の超高演色化(Ra95)を実現した新光源です。これによって、2015年に発売したプレミアムカラー(白色、色温度4200ケルビン、演色性Ra95)に加え白色、昼白色の2種類の光色に対して最高レベルの色彩再現性を実現しました。

搭載製品: SYSTEM01-3-SNC SYSTEM02-2-SNC SYSTEM03-SNC LM5K2600S

写真

晴天+昼間の自然光で、海の色と協調する。
フラッシュ光との親和性が高い。

演色評価数※1
演色評価数
※1 演色評価数とは15 色の試験色がその照射光の下でどのように見えるかを表す指数です。数値が100の場合が最良の状態です。

カラーチャート
カラーチャート1

写真

“より鮮やかに” プレミアムカラー
4200K 超高演色 Ra95

Ra95の超高演色性に加え、色をより鮮やかに引き出すためのチューニングがされた色温度4200Kの「プレミアムカラー」。色づくりを最優先(最大光量は2200ルーメン)としこれまでのLEDの概念をはるかに超えた鮮やかな光源は、特にマクロでの生物の観察や撮影に威力を発揮します。

搭載製品:
SYTEM01-3-PC SYTEM02-2-PC SYTEM03-PC LM4.2K2200G

写真

5000K よりも少し暖かい光色。
照らしたものがより鮮やかに強調される。

演色評価数※1
演色評価数
※1 演色評価数とは15 色の試験色がその照射光の下でどのように見えるかを表す指数です。数値が100の場合が最良の状態です。

カラーチャート
カラーチャート2

写真

光量の安定した持続

RGBlue独自のパワーマネージメントシステムにより一定の光量が持続します。
ニッケル水素電池やアルカリ単三電池を使用した一般的な水中ライトのような時間経過と比例した光量の低下はありません。

 連続点灯時間比較

ワンタッチで接続が可能なモジュレーションシステム

本体を光源(ライトモジュール)と電源(バッテリーモジュール)の2つにモジュール化。RGBlueオリジナルのバヨネット構造により簡単な操作で着脱できます。バッテリーモジュールを複数用意したり、System01/02それぞれの各モジュールを相互に接続する事も可能です。

浸水トラブルから機材を守るモジュール単位の防水とリカバリー機構

ライトモジュールとバッテリーモジュールはそれぞれ、IPX6(*)相当の防水構造を持ち、さらにその電気接点を腐食から守る保護回路を搭載することで、万が一のトラブルによる故障も防ぎます。
*IPX6とは「あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない」とされる耐水性の規格です。
※ご注意 : 水中での接続・取外しはできません。

  • 内蓋1(ライトモジュール)
    内蓋1(ライトモジュール)
  • 内蓋2(バッテリーモジュール)
    内蓋2(バッテリーモジュール)

■ リカバリー機能

万一、本体が水漏れした場合、内部の保護回路が作動し、一時的に電源が入らなくなります。保護回路は下記の手順で復帰できます。

  • バッテリーモジュールとライトモジュールを取り外します。各モジュールの内側(赤色部分)の水分を毛羽立たない乾いた布などで完全に水分を拭き取り、完全に乾燥させます。また、塩水などに濡れた場合は真水で湿らせた布などできれいに塩水を拭き取るか、流水で塩分を洗い流してから完全に乾燥させてください。

  • ACアダプター+充電プラグより充電を行うことで機能が復帰します。

上記作業で機能が復帰しない場合はカスタマーサービスまでお問い合わせください。

シンプルオペレーションと万全の安全機構

SYSTEMシリーズのオペレーションは全機種共通。スタンバイ、ON/OFF、4段階調光、無段階調光を直感的にプッシュボタン2個のみで行い、バッテリー残量を4色のLEDで表示します。モジュール交換しても操作を迷うことはありません。
電池切れによる突然の消灯を防ぐため、バッテリー残量が残り5%になったら自動的に最小光量で点灯し続ける機能をはじめ、オーバーヒートコントロール、過充電、過放電、短絡防止、オーバープレッシャーバルブなど、様々な要因に対して安全対策を盛り込んでいます。

  • 直感的な操作
    直感的な操作
  • オーバープレッシャーバルブ
    オーバープレッシャーバルブ
  • SYSTEMシリーズの電子基板
    SYSTEMシリーズの電子基板

アフターサービスSYSTEMシリーズをより長くお使い続けていただくために

■ オーバーホールサービス
修理、オーバーホールの作業期間:受領後3~5営業日中に作業内容と見積もりご連絡。作業承認後おおよそ7~10日で作業完了。ご入金確認後に返送。

SYSTEMシリーズをより長くお使い続けていただくためのオーバーホールサービス。
約20箇所のすべてのOリング、充電端子、オーバープレッシャーバルブの交換、バッテリーのリフレッシュ、オーバーホール終了後より1年間の保証付。

オーバーホールサービス内容(例:SYSTEM02) オーバーホールサービス内容(例:SYSTEM02)

■ 部品単位の修理対応
修理、オーバーホールの作業期間:受領後3~5営業日中に作業内容と見積もりご連絡。作業承認後おおよそ7~10日で作業完了。ご入金確認後に返送。

SYSTEMシリーズは修理が必要な場所、部品単位で修理が可能です。

修理部位と価格の一例(税抜、送料別) 修理部位と価格の一例(税抜、送料別)

『エーオーアイ・ジャパンカスタマーサポート窓口』
TEL:045-441-0127 営業時間:平日10:00〜17:00

株式会社エーオーアイ・ジャパン
〒221-0056 神奈川県横浜市神奈川区金港町2-1 パークタワー横濱ポートサイド2F